Top > 老人の乾燥肌

老人の乾燥肌


新ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム 徳用サイズ 商品区分:第3類医薬品

 

誰でも年齢を重ねると乾燥肌になりやすくなります。
というのもホルモンの関係で40歳を過ぎた頃から皮脂の分泌が減っていき、60代に入ると老人性の乾燥肌を起こしやすくなります。

皮脂の分泌が減ってくると、角質層の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥してきます。
肌が乾燥すると今度はかゆみを感じるようになり、掻いてしまうと角質層や皮脂が剥がれ、乾燥肌を更に悪化させるという悪循環になります。

老人性の乾燥肌には、「老人性乾皮症」と「老人性皮膚掻痒症」があります。「老人性乾皮症」とは、空気の乾燥する秋から冬にかけて、肌の保湿をしている角質層の水分、皮脂、セラミド、尿素といった天然の保湿因子が年齢とともに失われ、肌がカサカサした状態になることで、かゆみを伴います。

冬にエアコンを入れて湿度が下がると、乾燥肌の症状が一層進むので気を付けましょう。
「老人性皮膚掻痒症」は、加齢によって皮膚の分泌が減り、発汗が少なくなります。そのため、肌の保湿機能が低下し、空気が乾燥すると肌がカサカサになり強いかゆみを伴います。

かゆみを感じる部分は、背中や脇腹、下肢の外側で、かゆみのために不眠症になる人も多いようです。

これら老人性の乾燥肌は、加齢によるものですからすぐに治るわけではなく、対策によって肌の保湿力低下のスピードを遅らせる努力が必要でしょう。

 

デトックスフットバス池袋  チャイルドシートの口コミ  チャイルドシートのブランド  チャイルドシートの選び方と活用法
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんの乾燥肌(2009年7月30日)
子供の乾燥肌(2009年7月30日)
妊婦さんの乾燥肌(2009年7月30日)
老人の乾燥肌(2009年7月30日)