Top > 赤ちゃんの乾燥肌

赤ちゃんの乾燥肌


ユースキン アイ65g [医薬品] [無香料・無着色]肌になじみやすく全身にぬりやすいふわっとク...

 

赤ちゃんが身近にいない人は、きっと赤ちゃんの肌が乾燥するなんて想像もしていないでしょう。

赤ちゃん肌といえば、みずみずしく潤っているイメージです。しかし、乾燥肌は赤ちゃんこそ気をつけなければなりません。

赤ちゃんは、生後1、2ヶ月は母親からのホルモンの影響で皮脂の分泌が十分ですが、3ヶ月ぐらいからは皮脂の分泌が減り、乾燥肌になりやすくなります。

そうなると、皮膚に大人の半分~3分の1くらいの厚さしかないデリケートな赤ちゃんの肌は外の刺激を受けやすく、トラブルを起こしやすい状態になります。

赤ちゃんが乾燥肌にならないために気をつけることは、次の2つです。1つは、冬の乾燥した空気や夏のエアコンによる乾燥から肌を守ることです。

具体的には、室内の環境を加湿して整え、スキンケアを十分にする事です。スキンケアは、生まれた直後から始める事が大切です。

赤ちゃん用の石鹸を十分に泡立て、顔から体までを手のひらでそっとなでるように優しく丁寧に洗い上げます。

そして、肌の保湿としてローションやクリームで水分を与え、潤いを逃さないようにして乾燥から肌を守りましょう。

2つめに、赤ちゃんの衣服に気を遣うことです。
赤ちゃんの肌が直接触れる衣服には、静電気のおきやすいものは避け、綿などの自然素材で洗剤が残らないようにしましょう。

赤ちゃんの肌は刺激を受けるとすぐに赤くなり、かゆみをおびて乾燥肌になりやすいのです。
また、服を着せすぎないことも、乾燥肌予防に繋がります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんの乾燥肌(2009年7月30日)
子供の乾燥肌(2009年7月30日)
妊婦さんの乾燥肌(2009年7月30日)
老人の乾燥肌(2009年7月30日)