-年代別の乾燥肌

2009年7月アーカイブ


ユースキン アイ65g [医薬品] [無香料・無着色]肌になじみやすく全身にぬりやすいふわっとク...

 

赤ちゃんが身近にいない人は、きっと赤ちゃんの肌が乾燥するなんて想像もしていないでしょう。

赤ちゃん肌といえば、みずみずしく潤っているイメージです。しかし、乾燥肌は赤ちゃんこそ気をつけなければなりません。

赤ちゃんは、生後1、2ヶ月は母親からのホルモンの影響で皮脂の分泌が十分ですが、3ヶ月ぐらいからは皮脂の分泌が減り、乾燥肌になりやすくなります。

そうなると、皮膚に大人の半分~3分の1くらいの厚さしかないデリケートな赤ちゃんの肌は外の刺激を受けやすく、トラブルを起こしやすい状態になります。

赤ちゃんが乾燥肌にならないために気をつけることは、次の2つです。1つは、冬の乾燥した空気や夏のエアコンによる乾燥から肌を守ることです。

具体的には、室内の環境を加湿して整え、スキンケアを十分にする事です。スキンケアは、生まれた直後から始める事が大切です。

赤ちゃん用の石鹸を十分に泡立て、顔から体までを手のひらでそっとなでるように優しく丁寧に洗い上げます。

そして、肌の保湿としてローションやクリームで水分を与え、潤いを逃さないようにして乾燥から肌を守りましょう。

2つめに、赤ちゃんの衣服に気を遣うことです。
赤ちゃんの肌が直接触れる衣服には、静電気のおきやすいものは避け、綿などの自然素材で洗剤が残らないようにしましょう。

赤ちゃんの肌は刺激を受けるとすぐに赤くなり、かゆみをおびて乾燥肌になりやすいのです。
また、服を着せすぎないことも、乾燥肌予防に繋がります。

子供の乾燥肌

| コメント(0) | トラックバック(0)

ホメオパジュウム スキンケア商品3点 ¥10500【送料無料】シジュウムローションx3個

 

赤ちゃんが乾燥肌になりやすいように、小さな子供にも乾燥肌はとても多いようです。
大人と比べて皮膚の厚さが2分の1から3分の1くらいしかないため、外の刺激を受けやすいのが理由のひとつとされます。

また現代は、昔に比べてオゾン層が薄く、紫外線がきつくなっており、一年中どこへ行ってもエアコンが入っています。そんな中で生活している子供の肌は、当然昔より弱くなり、乾燥しやすいのです。

そして、乾燥肌が原因で、とびひや水いぼが夏以外にもできる子供が増え、悪化して様々な肌トラブルを引き起こしています。

子供は肌が乾燥してかゆくなっても、大人のように掻くのを我慢する事や、その予防のためのお手入れが自分ではできません。

乾燥肌から子供を守るために、周囲の大人が日頃からケアしてあげる必要があります。子供の乾燥肌対策には、次のような点に気をつけましょう。

まず、入浴の際に少しぬるめのお湯に入れてあげることです。子供の肌は大人より薄いので、熱いお湯は大人以上に熱く感じます。そして、石鹸やボディソープは使いすぎず、あまりごしごしとこすらないようにしましょう。

入浴後は乾燥肌を悪化させないよう、肌にやさしい綿素材のタオルや衣服を着用させます。
また、入浴後のスキンケアは大人と同様に保湿する事が乾燥肌には最も有効です。
ローションなどで水分を補ってから保湿クリームなどで水分が逃げないようにしましょう。

 

 アミノ酸  風水 インテリア  風水 間取り  風水 恋愛

パスタロンM20%100g【第3類医薬品】

 

女性は妊娠によって様々な体の変化を生じます。乾燥肌になったのは妊娠がきっかけだという経験がある人も多いことでしょう。

妊婦さんの乾燥肌には、ビタミンミネラル類の不足が原因となっていることが多くあります。妊婦さんは、お腹の赤ちゃんが成長するために、多くのビタミンミネラルが必要です。赤ちゃんへの栄養に、自分の持っていたビタミンミネラルが取られてしまい、自分の分が不足して乾燥肌になってしまったと考えられます。

お肌の再生機能にはビタミンミネラルが不可欠ですので、不足すると当然乾燥肌などの肌トラブルを招く事になります。
そのため妊婦さんは、食事に特に気を遣い、妊娠する前以上にビタミンミネラル分を摂取するよう心掛けましょう。

お母さんがビタミンミネラル不足で乾燥肌などの肌トラブルを起こしていると、赤ちゃんにも肌トラブルが起こりやすいので、赤ちゃんのためにもバランスの良い食生活を送りましょう。
一方、乾燥肌などの肌トラブルがあったのに、妊娠・出産を経て急に改善されたという人もいます。

これは、体内に蓄積されていた水銀、ヒ素、ニッケル、鉛、アルミといった有害な金属が赤ちゃんに移ってしまい、産後によくなったという場合です。
環境汚染などによって有害物質が体内に入るのは避けられませんが、できるだけ妊娠中や産後の環境には気をつけ、乾燥肌などの肌トラブルの原因を排除していくよう心掛けましょう。

 

 ハイドロキノンについて  ヘミシンク  スピリチュアル  金銭トラブル

老人の乾燥肌

| コメント(0) | トラックバック(0)

新ケラチナミンコーワ20%尿素配合クリーム 徳用サイズ 商品区分:第3類医薬品

 

誰でも年齢を重ねると乾燥肌になりやすくなります。
というのもホルモンの関係で40歳を過ぎた頃から皮脂の分泌が減っていき、60代に入ると老人性の乾燥肌を起こしやすくなります。

皮脂の分泌が減ってくると、角質層の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥してきます。
肌が乾燥すると今度はかゆみを感じるようになり、掻いてしまうと角質層や皮脂が剥がれ、乾燥肌を更に悪化させるという悪循環になります。

老人性の乾燥肌には、「老人性乾皮症」と「老人性皮膚掻痒症」があります。「老人性乾皮症」とは、空気の乾燥する秋から冬にかけて、肌の保湿をしている角質層の水分、皮脂、セラミド、尿素といった天然の保湿因子が年齢とともに失われ、肌がカサカサした状態になることで、かゆみを伴います。

冬にエアコンを入れて湿度が下がると、乾燥肌の症状が一層進むので気を付けましょう。
「老人性皮膚掻痒症」は、加齢によって皮膚の分泌が減り、発汗が少なくなります。そのため、肌の保湿機能が低下し、空気が乾燥すると肌がカサカサになり強いかゆみを伴います。

かゆみを感じる部分は、背中や脇腹、下肢の外側で、かゆみのために不眠症になる人も多いようです。

これら老人性の乾燥肌は、加齢によるものですからすぐに治るわけではなく、対策によって肌の保湿力低下のスピードを遅らせる努力が必要でしょう。

 

デトックスフットバス池袋  チャイルドシートの口コミ  チャイルドシートのブランド  チャイルドシートの選び方と活用法
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんの乾燥肌(2009年7月30日)
子供の乾燥肌(2009年7月30日)
妊婦さんの乾燥肌(2009年7月30日)
老人の乾燥肌(2009年7月30日)
カテゴリー
更新履歴
赤ちゃんの乾燥肌(2009年7月30日)
子供の乾燥肌(2009年7月30日)
妊婦さんの乾燥肌(2009年7月30日)
老人の乾燥肌(2009年7月30日)